- Liqueur...etc

2015年02月06日

ジンセンワイン

フラワーエッセンスセラピストのKeikoです。

先日、ご縁があって私のもとにやってきた「ジンセンワイン」。
アメリカンジンセン(西洋人参)のハーブワインです。

36f8b58f.jpg


ご縁があってというのも、お酒をいただけることになって、
特に文字を読まずにイラストでジンジャーリキュールと勘違いして
これを選んだのですが、気づいた時にとても後悔・・・

でも良く考えてみると、アメリカンジンセンは、
普段私が愛用しているハーブだったりするので、
私のところに来るべきものだったのかもしれませんw

90aa6b20.jpg


アメリカンジンセンは、滋養強壮や疲労回復に良いハーブ。
朝鮮人参に比べると緩やかに効いて、
身体の上の方に上がったエネルギーを下げてくれるから、
エネルギーが上にあがりやすい私にとっては欠かせないもの。
でも、お値段張るんですけどね。。。

普段は、ハーブティーの中にブレンドして飲んでいます。

この「ジンセンワイン」。
カナダのオンタリオ州で採れた、アメリカンジンセンを使っているみたい。

グラスに入れると、ジンセンの独特の香り。
口に入れると、程よい酸味があってスッキリはしているけれど、
ジンセン独特の苦みがあります。
ハーブティにすると出てくるジンセンの甘みはとんど感じられません。

私はジンセンのハーブティを飲みなれてるから、
美味しくないとも美味しいとも思わないけれど、
恐らく普通の人は美味しくないって、飲むのをやめちゃうんだろうなぁ。

最近ちょっとイライラしていたのもあって、
エネルギーが上に上がり気味だったから、
「ジンセンワイン」をもらったことを思い出したのも
良いタイミングだったかも♪

素敵なご縁いただけたことに心から感謝します♡


今日もポチっとしていただけたら嬉しいです♪


angelic_light at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月04日

梅酒

今朝、梅の実が大量にあるのを発見。

今年は梅酒を漬ける気が全くなかったのに、
家族との話の流れから、梅酒を漬けなくてはいけない感じにw

本日のミッションのひとつとなりました。



以前にも何度か梅酒を漬けたことがあるけど、
糖分控えめで作ったので、梅酒は美味しいけど、
梅の実が美味しくないという残念な結果になってしまいます。

なので、今回は氷砂糖を今までよりもちょっと多めに
仕込みました。

左は、いつものようにホワイトリカー。
右は、初のブランデー。

さて、どんな風に仕上がるでしょうか?
美味しくできあがりますように☆
楽しみ、楽しみ♪

その前に10年ものと5年ものの梅酒飲まないとねw
ちなみに、今日の晩酌は、5年ものの金柑酒でした♪


angelic_light at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月08日

梅酒

近所の八百屋さんに買い物に行ったら、
美味しそうな、大きめの南高梅を発見!

なわけで、日曜の夜にもかかわらず、
急遽、梅酒を漬けることに

3月末に金柑酒を漬けた時に、
梅酒も漬ける予定だったので、
容器などは準備済み。

今回の分量は、
 南高梅(多分3L) 1kg
 ホワイトリカー 1.8ℓ
 氷砂糖など 400gちょっと
   ※正確には、氷砂糖150g、グラニュー糖250g、はちみつ少々
    氷砂糖のストックが思ったより少なく、とりあえずあるもので代用

5、6年物の梅酒がちょっと残ってるので、
こちらも飲まなくては・・・。
  

あっ、ついでに金柑酒の果実をやっと取り出しました。
で、味見。
砂糖多すぎたかも。って思ったけど、意外にそうでもなかったです。
でも、金柑少なかったかなぁ・・・。
なかなか良い感じです。


angelic_light at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月30日

金柑酒

たくさん金柑をいただいて、食べきれず、ふと思いついて、
金柑酒を漬けてみました。

果実酒は、4、5年前に一度梅酒を漬けたことがあるので、これで2回目。

金柑 500g
砂糖 300g
ホワイトリカー 1.8ℓ

調子に乗って、たくさんホワイトリカーを入れてしまったので、
絶対、金柑との比率が悪い。
しかも、砂糖も多すぎたかも。

760699182_59.jpg

2ヶ月くらい経ったら、金柑を取り除いて、半年くらい寝かせる。
どんな出来映えになるのか、ちょっと楽しみ。

ちなみに、金柑酒は、のどの痛みとか疲労回復、胃腸虚弱などに
効果があるらしい。

そうそう、以前に漬けた梅酒は、甘さ控えめで美味しい。
でもね、梅が甘くなくってアルコール強くって、美味しくないんだよなぁ・・・。

今年は、また梅酒も漬けてみよう。


angelic_light at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月24日

トマト焼酎 「ラ・トマト」

先日、マイミクのきときとさん、やまなし本舗さんと
新宿で飲んだ時のこと。

焼酎メニューの中に、「トマト焼酎」の名が。
こういうのは、何人かで飲んだときでしか頼めないので、
(失敗しても、ネタにできる。笑)
頼んでみた。

色は、さすがに赤くなく、透明。
香りは、トマト。
味は、トマトっていうかりんごのようなフルーティな感じ。
飲んじゃうと、焼酎っぽさが全然なく、
意外と美味しかった。

普段、芋焼酎のクセのあるのが好きな私には、
ジュースみたいに飲めちゃうかも。
でも、たくさんはいらないかなー。
また飲んでみたいけど。

なわけで、早速ネットで検索。

オノエングループ 合同酒精株式会社で作っているらしい。
しそ焼酎「鍛高譚」とかじゃがいも焼酎とか作ってる会社なのね。
でも、分類はリキュールになってるんだけど・・・。
まぁいっか。


angelic_light at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)