2014年07月

2014年07月30日

アンコール・ワット① ~アンコール・ワットの旅 その4

フラワーエッセンスセラピストのKeikoです。

昼食を食べ、一度チェックインのためにホテルへ。
少し休憩をしていると、ものすごいスコールが来ました。

今の時期は、雨季の初め。
だからスコールも覚悟の上だったのだけれど、
出かける頃にはすっかり止んでいました。

これって、私のいつものパターン。
雨は建物や乗り物の中にいる時に降ることが多く、
外に出る時にはほとんど降らないんですよね。

今回の旅行中も雨に当たることはほぼありませんでした。

そして、アンコール・ワットへ。

アンコール・ワットは、
南北1.3km、東西1.5kmのお堀に囲まれ、
さらに周壁に囲まれています。

f893ae2b.jpg


通常、お寺や神社は東向きに建てられることが多いのですが、
アンコール・ワットは、西向き。

西は死者の世界の入り口があるといわれていて、
アンコール・ワットは、ヒンドゥー教の寺院でもあり、
アンコール王朝の王のお墓でもあるというのが
その理由なのです。

周壁の西塔門には、カンボジア内戦の銃弾の跡が。
悲しい傷跡・・・。

384a6237.jpg


周壁の雰囲気がなんか好きかも。

9e7fdaf0.jpg


レリーフも細かくて綺麗です。

f9db3225.jpg


レリーフは、アンコールワットの方が好きかな?

周壁の中に入ると、写真などで見慣れた
アンコール・ワットの壮大な姿が。

6e8f3056.jpg


天気が良くて、水面に映る姿もとても綺麗。

ここにもナーガ(蛇)はいっぱい。

a4c7da76.jpg


参道の欄干にもなっています。

池のほとりにネコ発見!
でもかなり警戒心強いかも。

58ac9d37.jpg


3本のヤシがハート型になっているのもいいなぁ♡

e3b2aebb.jpg


そしていよいよ中心部に入っていきます♪

 ・・・続く


いつもありがとうございます☆


angelic_light at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) - 海外の旅 

2014年07月29日

アンコール・トム② ~アンコール・ワットの旅 その3

フラワーエッセンスセラピストのKeikoです。

アンコール・トムのバイヨン寺院を出ると
パプーオンという寺院があります。

8b109167.jpg


「隠し子」という意味があるらしく、
観光ガイドさんの話では、
クメール人の王妃だったかな?が
タイ人の攻撃から王子を守るために
この寺院に隠したのだとか。

長い空中参道が印象的。

王宮の象のテラス。

520f624f.jpg


象のレリーフが並んでいるところと
ガルーダのレリーフが並んでいるところがあります。

ガルーダも象も神様のお使い。
3つの頭を持つ象って、エラワンっていうんだったけ?

a44fab29.jpg


ライ王のテラス。

e779abe8.jpg


ライ王は、ライ病にかかった王子という話もあるのだとか。

ここのレリーフも美しい。

7c5b391d.jpg


私はやっぱりナーガ(蛇)が好きなんですよね。
仏教では龍神として扱われているからかな??
どうしても目に入ってしまいます。

1a523370.jpg


トカゲ発見!!

67370b3a.jpg


トカゲも神様のお使いっていう話もあるから、
こういうところで出会うと嬉しい♪
しかもゴールドに輝いているし!

そうそう後で知ったのだけれど、ライ王のテラスは、
三島由紀夫の戯曲で有名らしいです。
三島作品はかなり好きだけど、
戯曲はほとんど読んでないから盲点でした・・・
読まなくっちゃ!

三島由紀夫ってタイの暁の寺(ワット・アルン)にしろ、
ライ王のテラスにしろ、アジアを舞台にするの好きなんだね。
ますますツボなんだけど♡

こういう遺跡の中にいると、本当にタイムスリップした感じがして
時間の感覚が麻痺してしまいます。
観光ガイドさんいなかったら、あまり観れずに
一日が終わっちゃいそうです。

 ・・・次は、アンコール・ワット!


いつもありがとうございます☆


angelic_light at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) - 海外の旅 

アンコール・トム① ~アンコール・ワットの旅 その2

フラワーエッセンスセラピストのKeikoです。

シェムリアップのアンコール・遺跡群の中で
最初に訪れたのが、アンコール・トム。

アンコール・トムは3km×3kmの城壁に囲まれた王都です。

66bffbdf.jpg


阿修羅と神様がそれぞれにナーガ(蛇)を引っ張る像が
並ぶ橋を渡ると南大門があります。
そこから城壁内に入りました。

南大門を城壁内から。

c58315ec.jpg


門の塔には仏像の顔のレリーフが。

城壁の中心にあるバイヨン寺院。

51d899de.jpg


バイヨンは、宇宙の中心にある須弥山を象徴したものなのだとか。

だからかな?ここのエネルギー好きかも。

仏教寺院だから、観音様のモチーフが多く、
回廊のモチーフもとても美しい。

5411d3f8.jpg


ba7faebf.jpg


a41dc837.jpg


寺院の中央には仏像があって、
そこに入るなりおばちゃんに線香を渡され、お参りすることに。

お参りした後には手首に赤い紐を巻いてもらいました。
たしか切れると願いごとが叶うんだったと思うんだけど、
こういうの今まで切れたことないんだよなぁ・・・

そうそう、今使っているプロフィール写真は、
このバイヨン寺院で撮ったものです。

 ・・・続く


いつもありがとうございます☆


angelic_light at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) - 海外の旅 

2014年07月28日

アンコール・ワットの旅 その1

フラワーエッセンスセラピストのKeikoです。

ちょっと前にカンボジアのシェムリアップに行く機会を
いただきました。

シェムリアップといえば、アンコール・ワット遺跡群がある都市。

97bea60f.jpg


小学生の頃、インカ帝国やムー大陸、アンコール・ワットなど
小学校の図書館ではあまり借りられていない文字も小さめな
古代遺跡関係の本を好んで読んでいた私。

アンコール・ワットはこれらの古代遺跡の中でも、
わりと最近(とはいえ、150年くらい前)見つけられた遺跡。
ジャングルの奥深くにあるそこにたどり着き、
その素晴らしさを観た人は呪いにかかって死ぬと言われていました。

実際はそこに行った人は熱病にかかって亡くなるので、
口承のみが伝わり、発見が遅くなったということみたいなのですが。

そんな本を読んで以来だから、アンコール・ワットは
子供の頃から行ってみたかった場所のひとつでもありました。

ちなみに他は、インカ帝国のマチュピチュと
地上絵のあるナスカだったりするんですけどねw

今思うと、かなり変わった小学生だったかも?

シェムリアップという都市の名前は、
 シェム=シャム(タイ)
 リアップ=追い出す
という意味で、クメール人が戦争で負けたタイ人を
追い出したことに由来しているのだって。

タイ人からしてみると嫌な地名ですね。

そんなシェムリアップ、アンコール・ワットでのことを
少し書いていきたいと思います。

 ・・・ その2へ続く


今日もポチっとしていただけたら嬉しいです♡


angelic_light at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) - 海外の旅 

2014年07月25日

弥彦燈籠まつり @新潟県弥彦村

フラワーエッセンスセラピストのKeikoです。

7月24日~26日は、弥彦神社の弥彦燈籠まつり。

子供の頃はちょうど夏休みに入るタイミングだったりしていたから、
地元ではこのお祭りが終わって、夏本番な感じ?

857067fd.jpg


夜、燈籠が並んでいる神社の境内は
厳かな感じで神秘的。

f316890e.jpg


特に賑やかなお神輿たちが外に出てからは
余計に静けさが感じられるかも。

神様が乗るお神輿が拝殿の中に控えていました。

神社の外に出ると、たくさんあるお神輿の周りで
唄ったり、踊ったりで神様が街中に出る前に
場を温めるというか、ワイワイとかなり賑やか。

04a07c9e.jpg


花火も近くでドンドンと上がります。

d28e1556.jpg


花火が降ってくるほど近くで観れる花火ってやっぱりいいな。

地元のお祭りは同級生や知り合いに会えるのも楽しい♪
あらためて大好きなお祭りだなって思っちゃいました。

しばらくバタバタしていて、季節感とか
忘れちゃってた感じだったので、
これで調整できたかな?


今日もぽちっとしていただけたら嬉しいです♡


angelic_light at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) - 東日本