2012年07月

2012年07月30日

東京大神宮 @東京都千代田区

朝から大好きな東京大神宮へ。



いつ来てもとっても清々しい。

おみくじひいて、境内の大好きないつもの場所でしばしのんびりと。

今日はこんなメッセージをいただきました。

急ぐな、急ぐな!
待っていれば良いタイミングで
向こうからやってくるから


タイミングを待つのも大切ですよね。
いろいろ、ちょっと焦ってたのかも。

そして、目の前にいた獲物のムシと格闘中だったスズメからは、
“必要なくなったものへの執着を手放す”ことを
教えてもらった感じ。



朝から充実した時間を過ごせました。
ありがとうございます!

今日もゆる~くがんばります♪


angelic_light at 09:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) - 東京 

2012年07月27日

花火の癒し

昨日は“ぎおん柏崎まつり”の花火を
観に行ってきました。

c7ebd6e9.jpg


海の花火大会なので、たくさんの水上花火もあがり、
とっても綺麗でした。

空一面にいくつも大きな花火があがるから、
視界におさまりきらないほど。
とっても素晴らしくって、感動しました。

66e01443.jpg


花火って、綺麗なものがはかなく消えることも
美しさのひとつ。
美しいものって心を癒しますよね♪

そして、花火の音も癒しのひとつ。
というより、あの音に邪気祓いの効果があります。

花火は、火で悪いものを浄化し、音で邪気を祓う、
本来、“邪気祓い”の儀式だったのだそうです。

柏崎の花火大会は、会場が海だったのもあり、
浄化作用が高かったかもしれませんね。
(海水は、浄化作用があります。)

昨日は朝からずっと頭痛がしていたのだけれど、
花火を観に行ったらすっきりしてました♪

これからいろんなところで花火大会が開かれます。
ぜひ花火を近くで観て、“邪気祓い”してみてはいかがですか?


2012年07月23日

『美しいものを売るために大切なこと』 野毛まゆり

先日の「東京国際ブックフェア」で
気になって買った本、
『美しいものを売るために大切なこと』。

9bfc6c8b.jpg


「今日もあの人から買いたい!」と
お客様に思われる販売員になるために。
というのがテーマの本。

とはいえ、商品を売っている販売員ではなく、
サービスという商品を売っている人、
セラピストなど自分が商品の一部である人にも
とても参考になる本です。

どんなものでも、やはりいいモノが買いたい。

化粧品など、自分の“美”に関するモノは、
商品がいいモノであることはもちろんなのだけれど
ステキな人から買うことができれば、もっと嬉しい。

癒しのサービスなども同じなのではないかな?と
私は思います。

著者の野毛まゆりさんは、化粧品メーカーのクリニークで
長く美容部員をされていたそう。

私もクリニークの化粧品を愛用していることもあり、
より説得力が感じられるのかな?

以前、私がお世話になっていた美容部員の方は、
とってもステキな方だったので、
店舗異動があった時には私もその人について行きました。

もうその方はいなくなってしまったけれど、
その店舗を変えることができなかったりするのは、
そこの美容部員さんの対応が良いから。

私もそんな風に思ってもらえるようになったらいいな。って
いつも思っています。

そんな「自分のファンを増やす接客」についてのヒントが
いっぱいつまった本。
おすすめです!




2012年07月22日

大暑と土用

c0c09a44.jpg


今日は二十四節気の“大暑(たいしょ)”。
一年で一番暑い時期なのだそう。

とはいえ、今日の新潟は風も心地よく
過ごしやすい感じ。

そして19日から土用に入っていて、丑の日は27日。
スタミナ食材食べて、パワーアップもしなくてはね!

江戸中期以前は、「う」のつくものを食べると
夏バテ防止に良いと言われていたのだとか。

だからムリにこってりしたウナギではなく、
疲労回復に良い“梅干し”や
体の熱を取り、水分調整する“ウリ”、
つるっと食べやすい“うどん”などを
食べるのも良さそうですね♪


明日のフラワーエッセンスのワークショップのテーマは、
『夏のパワーアップ大作戦!』。
参加していただくみなさんに、
ぜひパワーアップしていただこうと思います!


angelic_light at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◇ 日記 

2012年07月20日

あったらよいモノ

8faabb9f.jpg


今日、片付けをしていてふと思ったこと。

“あったらよいモノ”は、“なくてもよいモノ”
だということ。

“あったらよいモノ”は、絶対必要なものではないので、
あれば便利だったり、役立つものだったりするけれど、
なくても困らないもの。

自分の持っているモノを考えると、
“あったらよいモノ”ってたくさんある。
持っていてもほとんど使わないものなどは良い例かも。

“あったらよいモノ”をたくさん持っている人は、
モノに対する執着が強いということだろうから、
捨てるのも苦手だと思う。
私もそのひとりだったりするのだけれど・・・。

この“あったらよいモノ”の量をコントロールすることができれば、
モノも少なく、快適に過ごせるに違いない。

ちょうど良いタイミングなので、
どんどん溜め込んでいくのではなく、
いつも新しいものが入るスペースをキープしながら
生活するというのを心がけてみることにしましょう。