2012年01月

2012年01月31日

『セラピスト』(雑誌)

時々買う雑誌“セラピスト”。

5d295e9b.jpg


2012年2月号(今月発売)は、
フラワーエッセンスの特集記事がありました。

現在のフラワーエッセンスを体系づけた
バッチフラワーエッセンスについて、
また、フラワーエッセンスの使い方なども
紹介されています。

自分で普段使わないブランドのフラワーエッセンスのことなど、
とても参考になりました!




angelic_light at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◇ 日記 

2012年01月30日

手足の冷える方へおすすめ

私は子供の頃から手足が冷えるタイプ。

学生の頃は、手袋をして通学しても
手が冷たすぎてかじかんでしまい、
1時間目の授業はノート書くのが大変だったほど。

社会人になってからは、東京に住んでいても
足がしもやけになったり。

手足を温めても、すぐに冷たくなっちゃうし、
冬の手足の防寒って、本当に大変。

でも、アロマでこんなことを学びました。

「血液は、冷やしたら困るところに集まる。」

寒いくて身体が冷えてくると、
冷やしてはいけないお腹(主に肝臓や腎臓)に
血液が集まるのだそうです。

なので、手足を温めたい場合は、
お腹を温めるのがおすすめです!

お腹を温めることにより、お腹を温めるために集まっていた血液が
手足にも分配されて冷えが緩和されます。

手足が冷たくて眠れないときなども、
お腹を温めるとぐっすり眠れますよ。

ぜひ試してみてくださいね♪

ちなみに私は、家では“チェリーストーンピロー”を使っています。



明日からますます寒くなるとの予報ですが、
温かくしてお過ごしくださいね。


余談ですが、冷えるとトイレが近くなるのは、
肝臓を血液が多く通過するため、
尿が多く生成されるからなんですって!


angelic_light at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◇ 自然療法 

2012年01月29日

『インセプション』

ずっと観たかった映画、『インセプション』を観ました。

夢を見ている時に人の潜在意識の中に潜り込み、
その意識の中に別の考えを植え付け
意識操作するというミッションを遂行するストーリー。

話が進み、夢の階層が深くなるにつれて、
だんだんと混乱してきます。
だから、集中して観たいかも。

もし一緒に観ている人がいても
なんでそうなるの?ってなんて聞いちゃダメです(笑)

モヤモヤ解消のために、また観たくなります。
余談ですが、同じくディカプリオが出演していた
シャッター・アイランド』もそうだったなぁ。

人の意識のある部分って氷山の一角と同じで、
ほんのわずか。
無意識な部分は計り知れないと言われているけど、
無意識を操作することって、
実際に行われていたりするんだろうなぁ。
この映画のような感じではなく、
もっと泥臭い方法だと思うけど・・・。

とってもおもしろい映画でした!




angelic_light at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◇ 日記 

2012年01月28日

冬季うつ その3(アロマ&ハーブ編)

冬季うつ”について、
フラワーエッセンス編に続き、アロマとハーブ。
どんなものを選んだら良いでしょうか?

0ba17002.jpg


アロマの中で、抑うつに良いとされているものは、
 オレンジ、グレープフルーツ、ジャスミン、ゼラニウム、
 ネロリ、パチュリ、ペパーミント、ベルガモット、
 ベンゾイン、メリッサ、ローズ、ローズウッド、
 ローズマリーetc・・・
たくさんあります。

これらの中から、外徴理論(植物のヒーリング特性を
その形、色、香り、生育環境etcから見出すこと)を用いると、
太陽光の不足が原因とされる“冬季うつ”には、
太陽が燦々と輝く地域で育つ
 オレンジ、グレープフルーツ、ジャスミン、パチュリ、
 ベルガモット、ベンゾインetc・・・
が特に合っているかもしれませんね。

これらの中から自分の好きな香りをブレンドして、
ルームスプレーやアロマディフューザーで香らせたり、
ハンドクリームなど作って塗ったりすると良いかも。

そして、ハーブ。

抗うつ効果と言えば、セントジョンズワート!

これを中心にして、ローズマリーやジャスミン、
レモンバーム、オレンジピールetc・・・と
ブレンドしたハーブティーなど良さそうです。

とはいえ、前にも書きましたが、
日差しのある時にはしっかり太陽光を浴びて、
適度に身体を動かすのが大切ですよね。


またこんな感じで、色々と紹介していきたいと思います。


angelic_light at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◇ 自然療法 

2012年01月25日

冬季うつ その1

今日の新潟はすごい雪。
あっという間に積もってしまって、
雪の上の足跡がすぐに消えてしまうほど。

dce40a84.jpg


ふと、先日読んだ“冬季うつ”について考えてみました。

どんなフラワーエッセンス使えるかな?
ハーブやアロマだったらどんなのが良いかな??なんて・・・。

なので、“冬季うつ”についてちょっと書いてみようかと。

まず、“冬季うつ”についてなのだけれど、
秋冬シーズンにだけ症状が現れ、
春夏になると回復して元の状態に戻る

そんなうつの症状のことを指すのだそう。

代表的な症状としては、
  なぜか虚しくなって、自己否定的になる
  無気力感に襲われる
  睡眠時間が長くなり、眠くてたまらない
  とにかく食べたい(とくに炭水化物)
  人付き合いがおっくうになり、外出がつらい
  集中力がなくなり、普段やり慣れた家事や仕事ができない
ということなのですが、
食欲や睡眠については、多くの人が感じるようなので、
より強い症状が明らかな場合に“冬季うつ”と考えられるそうです。

これらの原因の大きなものは、“太陽光の不足”。

なので、太平洋側のエリアより、日本海側のエリアの方が
より“冬季うつ”の症状が出やすいのかもしれません。

スウェーデン在住の友人によれば、
スウェーデン女性の約半数が抗うつ剤経験者なのだそう。

そんなわけで、対処方法として一番良いのは、
もちろん、太陽光に当たること。

太陽光パワーの人体への影響力って、本当に大きいのね。

それ以外では、やはり食べ物。
肉、魚、大豆などのたんぱく質の摂取と合わせて、
バナナやさつまいも、レバー、青魚などを食べると良いのだとか。

これは“冬季うつ”に限らず、うつ症状に効果的みたい。

次は、フラワーエッセンスを選ぶとしたら??
ということについて書いてみます。


angelic_light at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◇ 自然療法