2010年02月

2010年02月28日

モン・サン・ミッシェル ~フランスの旅 その5

モン・サン・ミッシェルへは、
モンパルナス駅からTGVにゆられること2時間。
レンヌに到着後、バスで1時間ちょっとかかります。

81d01cd8.jpg


TGVで移動中、また雨が降っていて、
バスでモン・サン・ミッシェルに向かっている間には、
虹が出ていました。
(写真では見づらいけど・・・)

54d32ca2.jpg


モン・サン・ミッシェルは、もともとケルト人が信仰する聖地で、
司教オベールが、大天使ミカエルから夢の中で
お告げを受けて建てた修道院。

最初オベールは、ミカエルのお告げだと信じていなくて、
3度目の夢で、ミカエルから脳天に穴を開けられて、
初めて本物のお告げだと信じたらしい。

14~15世紀の百年戦争の間は、要塞として、
18世紀末のフランス革命後しばらくは、監獄として
役目を果たしていました。

ここも世界遺産に登録されていて、
広島の厳島神社のある廿日市市とは、
姉妹都市でもあります。

着いた頃は、日が沈みかけていて、
夕陽を見ることができました。

174705f3.jpg


モン・サン・ミッシェルのあるサン・マロ湾は
ヨーロッパでも潮の干満の差が最も激しい所で、
大潮の時の干満差は15メートル以上。

行った日はギリギリ大潮で、干潮のあとだったので、
干潟を歩くことができました。
砂浜という感じではなく、砂と泥が混じったねっとりした浜です。

19652cb1.jpg


今日の宿泊は、島内で。
ホテルも昨日に引き続き、かわいい感じ。
若干カビ臭いにおいが気になりつつも、快適です。

4eca04de.jpg


198c6017.jpg


夕食には、ノルマンディーを満喫。
ノルマンディー産のカキ、カマンベール、シードルなど、
美味しくいただきました!

0cfe73f8.jpg


044d81d7.jpg


夕食後、宿泊者以外の観光客がいない島内を散策。
お土産屋さんも早々に店じまいしているので、
ちょっとさみしい感じだったけど、夜景を満喫できました。

RIMG0212_500.jpg

7c6b4db6.jpg


91df5da0.jpg


  ・・・続く


angelic_light at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) - 海外の旅 

2010年02月26日

ノートルダム大聖堂(シャルトル)② ~フランスの旅 その4

シャルトルの街をちょっと散策。

f3e1188e.jpg


0343e2e2.jpg


a87f88bd.jpg


シャルトルには古い町並みが残っていて、
ウール川沿いに歩いたのだけれど、のんびりした雰囲気で、
心が安らぎました。

ae6bf7a6.jpg


dc20ef57.jpg


be3c7e34.jpg


ノートルダム大聖堂は小高い丘の上にあるので、
散策後半は、上り坂。

階段を上っていた親子がいたのですが、
小学生くらいの男の子が、はぁはぁと息を切らして
つらそうにしていたのが印象的。

時間がまだまだあったので、大聖堂に再び戻って、
塔に上ってみることに。

いつも途中で後悔するのだけれど、螺旋階段がつらい。
混んでいなかったので、自分のペースで上れるのが幸い。

上まで上ると、疲れを吹き飛ばすほどの景色が広がっていました。

5ed0163e.jpg


ここでも、大天使ミカエルを発見!

8660df80.jpg


私以外誰もいなかったので、のんびりしたいところだったけど、
実は高いところは苦手だったりするので、落ち着かず、
早々に下りることに。

その後、クリプト(地下礼拝堂)ツアーに参加。
ガイドはフランス語のみだったので、全く分からず・・・。
英語のパンフをもらったので、なんとなく理解はできましたが。

いくつかある小さな礼拝堂は、それぞれ
違った感じのステンドグラスがあり、とても綺麗。
聖なる井戸や、「サンクタ・カシミア」の本物もありました。

特に、聖母礼拝堂は天井は低いものの、とても広く(約70m)、
とても神聖な気持ちになれました。

参加して良かった~。

シャルトル大聖堂に行かれる方には、
クリプトツアーはおすすめです!

シャルトルを満喫した後は、一旦パリに戻って、
今回の旅のメイン、モン・サン・ミッシェルへと向かいます。

  ・・・続く


angelic_light at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) - 海外の旅 

ノートルダム大聖堂(シャルトル)① ~フランスの旅 その3

翌日は、モンパルナス駅から国鉄(SNCF)に乗って
シャルトルへ。

b965f847.jpg


67fb8edf.jpg


パリからシャルトルまで、1時間ちょっと。
朝7時半、車窓の景色はまだ暗いです。

1つ目の駅“Versaills Chantiers”を過ぎると、
ベルサイユ宮殿を右手車窓に見ることができます。

田園風景が続き、小さな森を抜けると
目的地のノートルダム大聖堂が見えてきました。
感動でウルっとしてしまいました。

“ノートルダム (Notre-Dame)”とは、聖母マリアを指していて、
世界各地にノートルダムと名前のついた教会、聖堂はたくさんあります。

1c564449.jpg


ddaf4773.jpg


このシャルトルのノートルダム大聖堂は、
世界遺産に登録されています。

大聖堂は、2つの異なった様式の塔があり、
向かって右側はロマネスク様式(12世紀)、
左側はゴシック様式(16世紀)です。

中に入ると、とても荘厳で神聖な雰囲気。
ステンドグラスがとても美しく、
「シャルトル・ブルー」と呼ばれています。

add941a8.jpg


3825262b.jpg


47c992e5.jpg


ブルーのステンドグラスは、大聖堂西側にあるので、
午後の遅い時間がベストタイムかも。
でも、東側のステンドグラスもとても綺麗で、うっとり。
しばし時間を忘れました。

また、この大聖堂には、聖母マリアのものとされる
「サンクタ・カミシア(聖衣)」を所蔵しています。

「サンクタ・カシミア」の前で目を閉じると、
とても温かいメッセージをもらいました。

もしかしたら今回の旅のメインは、
実はここだったのかもしれません。

  ・・・続く


angelic_light at 14:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) - 海外の旅 

2010年02月25日

奇跡のメダル教会 ~フランスの旅 その2

早速出かけた先は、
Chapelle Notre Dame de la Medaille Miraculeuse
(奇跡のメダル教会)。

4db1add4.jpg


ここでは、1830年に修道女のカタリナ・ラブレの前に
聖母マリアが現れ、メダル(メダイ)造って
多くの人々に配るようお告げがあったそう。

その2年後、パリに疫病コレラが蔓延し、
2000個のメダルが造られ配られると、
コレラ蔓延は終息に向かったらしい。

以来、メダルは「奇跡のメダル」「不思議のメダイ」などと呼ばれていて、
沢山の人々がこのメダルを求めて、この教会を訪れています。
また、現在もこのメダルは、信じる人々に理屈では説明出来ない奇跡を
もたらすと言われているそうです。

私は何年か前に知り合いから、このメダルをもらったことがあって、
次にパリに行くことがあれば、ぜひ行こう!と決めていました。

ce828d71.jpg


聖堂前に、ミカエルを発見!

251e3f21.jpg


メトロの駅を出て、なんだかずっと鳥肌が立っていたのだけれど、
聖堂の中に入ると、温かくて心地良い。
白が美しく、清々しい雰囲気です。

f38976de.jpg


祭壇横には、修道女カタリナ・ラブレの遺体が安置されているのですが、
亡くなった時のままなんだそうです。

そうそう、出かける前(ホテルにいる時)の短時間に
雨が降り、出かける時には止んでいたのですが、
聖堂から出ると、晴れているのにまたパラパラと。
いつもな感じです。

その後、夕暮れ(日没後?)の市内を買い物しながら
ぷらぷら帰りました。

329cfe4d.jpg


ce545f64.jpg


  ・・・続く


angelic_light at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) - 海外の旅 

2010年02月24日

フランスの旅 その1

フランス一人旅に行ってきました。

先日の日記にも書いたけど、
成田では雪が降っていて、
搭乗後に、除雪?除氷作業が始まりました。

c57df2a8.jpg


こんな感じで、念入りに作業していたので、
出発がちょっと遅れました。

今回は、JALの早割を使ったのだけれど、
エールフランス(AF)との共同運航便だったので、
機材もサービスもAF。
AFでは、エコノミークラスでもシャンパンを飲めるので、
あえてその便を選択したのです。
お陰で、朝ものすごく早かった・・・。
でも、しあわせ。

50dc69e4.jpg


飛行中のギャレーには、フォションのアイスクリームもあって、
とても嬉しい。

d666225c.jpg


映画を観たり、本を読んだり、眠ったり・・・
あっという間にパリに着きました。

エールフランスバスでモンパルナス駅へ向かう。
空港敷地内に、コンコルドが展示してありました。

4a517e45.jpg


ホテルは、モンパルナスの駅から歩いて2~3分。
かわいい感じの部屋でした。

e9761d53.jpg


ちょっとひと息ついて、早速出かけることに。

・・・続く


angelic_light at 12:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) - 海外の旅