2008年01月

2008年01月31日

今年の抱負

1月も終わるというのに、今年の抱負…。

昨日、私の気功教室の皆と新年会をした。
お酒好きな人が多く、また、皆楽しい方々で、何かと理由をつけて飲む機会も多い。

今回は、新年会ということで、新年会らしく抱負を発表してもらうことにした。

還暦を越えている方が多いので、やはり皆、健康に気をつける。といったことが多い中、ある方の今年の抱負。

★恋をする

7年前にご主人を亡くされた70代の女性。
教室の方は、皆素敵で大好きだけど、カッコ良くて、あんな風に歳をとれたら良いなぁ。と思う。

恋をしてると、若くいられるし、いろんなことが楽しい。とのこと。
恋をするといっても、付き合うとかじゃなく、片思いが良いそう。

そんな感じで、皆の恋バナで盛り上がった。

昨日は、私の快気祝いも兼ねていたらしく、綺麗なお花をいただいた。
皆の温かい気持ちがうれしかった。
ありがとう!

700205477_53.jpg

700205477_126.jpg


私の周りには、お母さんがたくさんいる感じです。
また、皆と気持ち良く気功ができるように、がんばらなくっちゃ。

あっ、最後になったけど、私の今年の抱負。

 ★感謝を忘れない。
 ★ムリはしない。

がんばろうーっと!


angelic_light at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◇ 日記 

2008年01月27日

預言カフェ

新年になって、新しい気持ちになれたので、
前に、マイミクmokiさんに教えていただいた「預言カフェ」に行ってみた。

今年に入っての営業初日、14:00オープンの10分前に到着したのだけれど、
待っている人もかなりいて、結局お店に入ったのは、15:00前。

コーヒーを頼んで、相席になった人と話していると、
スタッフがやってきて、特に名前を言うわけでもなく、
預言が始まった。

**************

主が言われます。
娘よ、私はあなたを愛しています。

あなたの兄弟のいる環境でますます祝福します。
と主は言われます。

もしかしたら過去の時点で、
ちょっとした思いのすれ違いから、
またひと言によってのすれ違いによって
ちょっとした心のズレが生じていて、
そこに私が介入します。
と主は言われます。

ですから心配しないでください。
とてもあなた方を私は祝福します。
と主は言われます。

そして兄弟で何かあるひとつのことを一緒にするようになります。
と主は言われます。
ですから、その絆がとても大事だということ。
それゆえに、敵である悪魔もそれに働きます。
だから今後それに騙されないでください。
と主は言われます。

私はあなた方を今後も守ります。
天使を遣わしてあなた方を守らせます。
と主は言われます。
ですから何も心配しないでください。

ただ、その家族の愛というものを大事に、
コミュニケーションを大事にこれからも過ごしていってください。
と主は言われます。

そしてあなたには多くの才能があります。
もちろん今までも、いろいろとわりと器用にできてきた娘
なのですけれども、まだそれだけではないのです。
まだたくさん隠されているものがありますよ。

それは私からの賜物、それは天からのギフトです。
ですから、それが、時が来た時にひとつひとつ
プレゼントの箱が開けられるように開けられていきます。

そして、またあなたは、私にはこんなことがあったの。
こんなことができるんだ。
あるいは、今まで苦手だったものも、もしかしたら実は得意かも。
ということがあったりもしますので、
苦手だからといってやらないでそのまま過ごすのではなくて、
その思いがきた時には、苦手でもチャレンジしてみてください。
と主は言われます。
そこで、新たな発見がが得られるでしょう。
と主は言われます。

娘よ。
ですから、あなたをビジネスの面でも大いに祝福をします。
と主は言われます。

ビジネスを立ち上げて、そしてそこに私とともに歩むなら、
大いなる祝福の中に、そして本当に反映の中にあなたを導き入れます。
と主は言われます。

ですから、私が常にいる。私がバックに常にいるということを
意識してください。
私があなたを助けます。
私があなたを創った創造主ですから、
すべての計画が私の中にあるということを忘れないでください。
と主は言われます。

娘よ、本当に期待してください。
あなたの人生に、今後の人生に期待してください。
これから開かれていくものがたくさんあります。
と主は言われます。

**************

んー?
兄弟のすれ違いって、なんかあったかな??
ちょっと考えてみよう・・・。


苦手なことからも逃げちゃいけないのね・・・。
わりと、いろんなことにチャレンジしているつもりなので、
今度は苦手なこともやってみなさい。ということなんだよね。

今まで好きでやってきていることも、
特にビジネスというところには結びつかなかったし、
もしかしたら、ビジネスに結びつく何かに出会えるのかな??

でも、日々いっぱいいっぱいで過ごしてるので、
これ以上時間割けるかな??
っていうか、時間の使い方がヘタなのかな?

個人的には、仕事の時間を減らして、家での時間作りたいんだけど・・・。
って、書いてて気づいた。
苦手なことって、片付けとか、家の中のことかも・・・。


転換期 その後

「来年あたり、変われるかな??」と日記に書いてから、
すでに1ヵ月半が経ってしまいました。
ほんと、月日が経つのは早い・・・。

私の転換期も、ほぼ終盤。
いろんなことが順調に進んでいます。(多分。)
ほんとは、もう終了してるはずだったんだけどね・・・。

仕事上で、うまく進んでいたはずの話がなくなったことも、
私にとってはおそらく良かったことなのでしょう。

そんなわけで、今年に入ってから、新しいステージに入ったような気がしてます。

特に仕事とか身の周りの環境が変わったわけじゃないけど、
しばらくの休息で自分の気持ちが変わったのかな?

とりあえず、良い感じでいろんなことが転換しています。
あともうちょっとかな??


angelic_light at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)◇ 日記 

2008年01月17日

『豊饒の海』 三島由紀夫

三島由紀夫の『豊饒の海』。

輪廻転生がテーマとなっています。

第1巻 「春の雪」は
映画にもなりましたが、
清顕と聡子の破滅的な恋が描かれていて
三島文学の表現の美しさ、
適度な重さが心地良い。

第2巻 「奔馬」では、
勲の思想を貫く純粋が描かれていました。

三島の最期は、もしかしたら
こんなことを思っていたのでは?
と想像させられる部分が多かったです。

第3巻 「暁の寺」は、
本多がインドで感じた輪廻転生と
月光姫(ジン・ジャン)への愛。

三島は、インドでいろんなことを
感じたのでしょう。

それにしても、本多の醜さが目に付いてしまった・・・。

第4巻 「天人五衰」では、
透により本多が真実だと思っていたものが崩壊していく。

聡子の言葉は重く、なんだか泣けました。

仏教思想など、いろいろ考えさせられました。


文章の美しさといい、重さといい、
三島作品はやっぱり大好きです。
久々にどっぷりはまりました。